MBAを修了しました!

2019年5月末をもって、LBSのMBAプログラム(18か月での早期卒業)を修了しました。

7月12日にロンドンに戻って無事に卒業式を終え、娘を抱っこして壇上に上がったときに感極まってちょっと泣きそうになりました。娘よ、一緒に頑張ってくれて本当にありがとう(もちろん夫も)。

ちなみに、卒業式の様子はこちらでご覧いただけます。1:58:50あたりに私が出てきます。笑

さて大変長い時間をおいてしまいましたが、LBSでの二年間ってなんだったのか、振り返っておきたいと思います。

 

とにかく、本当に貴重な時間だった。

MBAの何が良かったんですか?と聞かれると、一言で答えるのは結構難しいです。どの授業が、とか、どの活動が、とか何か一つに絞れるものではないのです。LBSに身を置いて2年間過ごせたこと自体に価値があり、いつか自分の人生を振り返ったとき、「LBSでの2年がターニングポイントだったなあ」と思うような気がしています。

色々な方に、何を学んできたのですか?と聞かれることも多く、言語化するプロセスに時間がかかってしまったのですが、今感じている「MBAで得たこと」は以下の3点です。

① 自分自身、特にリーダーシップとキャリアについて内省する機会
② コミュニティの一員であるという意識の醸成
③ 青臭いことも語り合える生涯の友達

① 自分自身、特にリーダーシップとキャリアについて内省する機会

これについては、MBAにもともと期待していた部分であり、期待以上のものが得られたと感じています。とにかく、自分の強み・弱み(というか主に弱み)を色々な場面で認識させられる機会が多く、どうしたら周囲にもっとポジティブなインパクトを与えることができるだろう?と考えたり、あぁ私のこういうところ本当よくないわ、と反省し、なおそうと努力したり、ということの繰り返しでした。
特に、Elective「Leading teams and organisations」を受講して、良いリーダーとは場面によって必要とされるリーダーシップスタイルを柔軟に使いこなせるヒト、ということを学びました。リーダーといえば、ビル・ゲイツとかスティーブ・ジョブズとか、スーパーヒーローを思い浮かべる自分がいたのですが、自分がそういう人を目指す、ということが必ずしも良いわけではないのね、と腑に落ちました。
授業や課外活動を通して、自分が取りがちな手法とかリーダーシップスタイルを知り、場面場面でより適したリーダーシップを発揮する必要がある、ということをロジックで学んできたので、今後はそれを試行錯誤しながらアウトプット、というか実際にやってみる、というのが次の自分への課題だと思っています。

② コミュニティの一員であるという意識の醸成

当事者意識、とも言い換えられるかもしれません。LBSは、学生に対しても学校コミュニティに様々な形で貢献すること、を求めてきます。一緒にコミュニティを作っていく、という意識がとても強いことが印象的でした。これって、学校だけでなく組織とか、もっと大きく国とか世界(!)とかでも同じことだな、と思うようになりました。
大きな組織にいると結構あきらめちゃうことが多い気がしています。だって、どうせ私が言っても変わらないもん、ってな感じで。でも、何か変えたいことや、やりたいことがあるなら、自分が働きかけるしかない、ということを色々な場面で痛感しました。リンダ・グラットン教授の授業でも「声を上げ続けなさい」と強く言われたのですが、それもコミュニティへの大事な貢献の一つだと思います。私自身も、まだまだ未熟ですが、身近なところから少しずつ動いて、声を上げ続ける、行動し続ける、ということを意識していきたいと思っています。

③ 最後はやっぱり友達

MBAの授業では自分をさらけ出す場面が多いです。得手不得手も含め、丸ごと相手を受け入れ、自分を受け入れてもらう、みたいなプロセス。これって結構青臭い会話とかもあって、実際話しながらちょっと涙ぐんでしまったこともありました。ああ、恥ずかしい。
でもそんな自分もまるっと受け入れてくれる友達ができたことが何よりもうれしかったです。私は私のままでよいんだ、って思える友達がいるって幸せなことだな、と強く感じました。30超えてこんな大事なことに改めて気づかされるとは、留学前には思いもよらなかったので想定外の気づきでした。これは日本人コミュニティもそうで、同級生の日本人は本当に助け合った仲間たちとして強いきずながあって、何か困ったらまずこの人たちに相談しよう、とひそかに思っています。みんな真剣に受け止めてくれるのがわかっているから。ネットワーク、というより友達ができた、という感じがしてます。

そして、家族にとっても、とても良い時間だったと思います。
娘は色々な人種の方に可愛がってもらって、ほとんど人見知りなく育ってきてます。これからも偏見などを持つことなく、いろいろな背景を持つ人たちを受け入れる心をもって大きくなっていってほしいなと思っています。そして、英語の発音は私よりきれいです(笑)また、夫もロンドンという土地柄様々なOpportunitiesに恵まれ、これから新しいキャリアをスタートする予定です。わたしもそれにワクワクしています。

いま日本に帰国して、派遣元の会社で働いているわけですが、この2年はまさにLife Changingで本当に貴重な時間だったんだなーと感じています。これをきれいな思い出にするのではなく、これからの人生・家族・キャリアに反映させていきたいなあ、と思っています。

これまでつたないブログを読んでいただきありがとうございます。最近子供を持つ女性からの問い合わせも少しずつ増えてきて、「ブログ読んでます」と言っていただけると本当に嬉しいです。MBAについての記事はこちらでいったん終了します。今後、また違った形で何か情報発信していきたいと思っています。

ちなみに、こちらのブログには書いていなかったのですが、もう一つ留学で楽しかったこと。それは留学中にPodcastをはじめたことです!同級生にインタビューしたり、リンダ・グラットンにも出てもらったり(!)していますので、ご興味のある方はぜひ聴いてみてください。こちらは今後も継続する予定です。

 

MBAと育児の両立を振り返る<生活面>

この記事では、生活面にフォーカスして、子育てしながら留学するってどんな感じ?というのを改めてまとめておきます。今後似たようなシチュエーションで留学される方に少しでも役に立ったらなあと思います。

<渡航準備>
スケジュールはこんな感じでした。
2017年3月 LBS合格
2017年4月 産前休暇
2017年6月 出産
2017年7月 英国渡航
2017年8月 LBSでの授業開始

2017年3月にLBSの合格発表があり、7月31日からの授業開始に間に合うように渡航準備を進めました。4月中旬から産前休暇を取得、6月1日に出産後、7月28日に英国に渡航。よくやったな、という感じです。ほぼ記憶がない。。

  •  VISA申請
    手続き上、渡航する家族全員分を同時に申請したほうが良いとのことで、娘のVISA取得が間に合うかどうかが懸念事項でしたが、渡航前に無事取得できました(7月20日前後)。VISA申請には、子のパスポートが必要になるため、出産以前にパスポート以外の必要書類をすべて揃えておき、出生届・戸籍取り寄せ・パスポート取得などの事務手続きをなるべくスムーズに進められるように準備しておくことが重要です。また、パスポート取得時、VISA申請時は、新生児でも本人が出向く必要があるため、家族に同行もしてもらいました。余談ですが、目もまだ開いていない新生児のパスポート写真を撮影するのはとても難しかったです。100枚近くとったと思います。

 

<渡航時>

  • 家族の同行は必須?!
    留学する際には夫が育児休暇を取得して帯同することが決まってましたが、渡航時は在職中であったため同行できず、母に同行してもらいました。航空会社の規定上、新生児は出生後8日経過していれば飛行機に乗れるため、その点は特に問題なく、バシネット(新生児用のベッド)が設置できる席を利用しました。

 

  • 健康・医療面
    渡航時の最大の懸念点は、娘の予防接種でした。日本の規定では、生後2か月経過しないと1回目の予防接種を受けることができず、いろいろな医療機関に相談したのですが例外は認められなかったため、予防接種をうけることなく渡航することになってしまったのです。もう本当に緊張でした。ロンドンでは、日本人の医者が常駐するクリニックがあるため、渡航した翌日に病院に行き、小児科医と相談したうえで、予防接種を行いました。健康面、医療関係については、過去に事例が少ないこともあり、誰に相談してよいかわからなかったため自己解決するしかなく、とても心配でした。

 

<渡航後の生活設営>

  • 一時滞在先と滞在先の手配
    7月28日に英国到着後、一時滞在先に2週間滞在しました。乳児がいるため、ホテルではなくキッチンがついているアパートメントタイプの部屋を手配。また、31日から授業が始まるため、学校から徒歩圏内の場所を選び、何かあったときにすぐに帰宅できる体制を整えました。家探しについては、日本から不動産会社の担当者にあらかじめ連絡しアポを取得しておきました。最初の土曜日に1日で約5件の候補先を見学し、その場で家を即決、渡航から2週間で新居に移動したのでした(こちらも学校から徒歩15分程度の場所を選びました)。

 

  • その他の手続き
    最初に銀行口座のセットアップが必要です。なによりもまずこれ。その後携帯電話やほかの諸手続きをしました。渡航後すぐに授業が始まったため、最初の生活設営は主に夫にやってもらいましたが、想像していたよりもやらなければならないことが多く、外出する必要性もあったため、子供を見てくれる人が家にいないとなかなか難しかったです。私自身は母親のサポートを得ることができましたが、家族の支援を得るのが難しい場合は、何かしら考えておいたほうが良いかと思います。

<授業と子育ての両立>
LBSでは、最初はすべてコア科目で授業のカリキュラムが決められていたため、Term1(2017年8~12月)は特に忙しかったです。また、私自身、留学が初めての経験であったこともあり語学の面で苦労したため、授業を開始した頃は予習・復習にも大変時間を要しました。当時授乳をしていたため、家族と相談しながらどのように進めていくのが良いか色々と試した結果、授業と授業の合間に夫に娘を学校まで連れてきてもらい、15分の休憩時間に廊下で授乳していました。
英国では、女性が出産後半年程度で職場復帰することが多く、職場に搾乳スペースが設けられていることが多いとのことです。学校にも、職員用の搾乳・授乳スペースもあり、学校のスタッフに相談して、そこを使用することも可能でした。とにかくまず相談することをお勧めします。日本よりもサポート体制は充実しています。また、教授陣も状況をよく理解してサポートしてくれたのが嬉しかったです。中には、「必要に応じて後から内容を共有するから、子供を優先して授業中に少し抜けても構わない」と言ってくださった方もいて、こうした個々の状況に配慮し、柔軟に対応してくれる環境は大変ありがたかったです。
調整が難しかったのは夫や子供が体調を崩してしまったとき。もし試験の時に家族が体調を崩して面倒を見る人がいないとなると、単位の取得状況に大きな影響が出てしまいます。試験のスケジュールは調整不可能なので、必要に応じて、自分で預けられる友人を探したり、シッターを手配したりする必要があります。ただ、シッターは個々人によってかなり評判に差があり、よいシッターを探すのはそれなりに時間を要するので、何でもないときに事前に試しておいたほうが良いと思います。

<ロンドンの保育園事情>
上述の通り、イギリスでは出産後半年ほどで職場復帰する女性が多いため、0歳児から託児可能な施設があります。ただし、費用がとっても高く、毎日朝から夜まで預けるのは負担が大きいです。一例として、近所の保育園の価格は、週5日午前7:30から午後6:30までで毎月1,855.83ポンド(25万円前後)でした。我が家は、週に2回午前中のみ預けていましたが、きちんと面倒を見てくれてましたし、娘にとっても良い経験だったのでは、と思っています。

<その他生活全般>

  • ロンドンの地下鉄はエレベーターが設置されていない駅も多く、ベビーカーで移動する際は基本的にバスを利用していました(バス一台につき、ベビーカー2台まで乗り入れ可能)。Uberなどの配車サービスも活用しましたが決して安くはないです。
  • 離乳食はイギリスでも日本と同様に野菜をすりつぶしたものなどを与えることが多く、オーガニックの製品もたくさん販売されているためあまり困らなかったです。日本よりもチョイスは多いかも。米などの日本食は日本食材店で調達可能です。
  • ロンドンは、人々が子供に対して寛容であり、また公園や教会にプレイエリアもたくさんあるため、総じて子供を育てやすい環境であると感じました。

振り返ると、もっと効率的にできた部分もあったかも知れないのですが、初めての留学・海外暮らし・出産・子育てと初めて尽くしの中で、家族や同級生のサポートを得て無事に卒業することができ、本当に恵まれた環境にあることを改めて実感しています。ちなみに、LBSのMBA2019同級生には私を含めて5人の子持ち女性がおり、彼女たちとはお互いに理解しあえる同士として助け合い、勇気づけられる場面も多くありました。また、多くの同級生が、時間的制約がある人に対して、できない理由を探すのではなく、「どうやったら仲間として一緒にできるか」と前向きに考えてくれたことがとても有難かったです。わたし自身が周囲に助けてもらったという感謝の気持ちを忘れずに、次の世代の人たちにつなげていきたい、と思っています。

The Future of Work by Lynda Gratton

入学当初から楽しみにしていたリンダ・グラットン教授の集中講義「The Future of Work」がついにやってきました。全10回x3時間の授業を1週間で集中して受けたのですが、その濃密な時間を経て、やっぱりLBSに来てよかった!と心から思える素晴らしい授業だったので、メモがてら簡単に記しておきたいと思います。

主要なテーマは、授業タイトル「The Future of Work」の通り未来の働き方について考えるというものでした。最初の4回は、世界で起こっている大きな社会の流れ(テクノロジーの変化、地球温暖化とエネルギーの制約、人口動態、難民、高齢化など)について理解し、それらが社会全体、企業、そして個人の働き方にどのように影響を与えうるかについて議論しました。次の4回は、その変化の中で政府・企業が果たすべき責任と、私たち世代がリーダーとしてどのようなスキルやマインドセットを持って変化に対応していくべきか、について。最後の2回は、それらの議論を踏まえて、個々人のキャリア・人生を改めて見つめ直し、どのような生き方をしたいか、その実現のためにどのような意思決定をどのタイミングでしていくべきかについて考える時間を持ちました。

正直授業が始まったときは地球温暖化とか難民問題とかテーマが壮大すぎて、「地球温暖化とFuture of Workって関連あるの?」という感じでしたが、現状をより深く理解するにつれて、私たち個人のキャリアや働き方に影響を及ぼす可能性があるということを少しずつ実感することができました。また、そこから個人レベルまで話を持っていき、自分の人生プランを考えてみるというプロセスは単純に楽しい時間だったし、それをみんなと真剣に話すことでお互いに新しい気づきを得ることができました。

LBSの良さの一つは、こういう授業をMBA課程で選択できるという授業の多様性だと思います。一般的なMBAのイメージは、いかにお金を稼ぐか、そのために必要なスキルを身につけて、卒業後はバリバリ働いて、、、という感じだと思うし、私も実際そういう印象を持っていたのですが、「自分の人生をいかに充実させるか」「自分の人生を充実させる要素は何か」についてクラスメイトと議論したり、自分自身と深く対話したりする機会があることは、私にとって非常に有益でしたし、自分でもこれまで気付かなかった価値観を見い出すことに繋がりました。

また上述した通り、課題の一つが個々人で人生計画のようなものを作ることだったのですが、そのために自分の“アセット”を見直す機会がありました。グラットン教授が以前出版された「The 100-year Life」の診断ページにいくと、今自分が持っているアセットを数値化してくれます。生産的な人生を送るために必要なアセット(経済面はもちろんですが、ネットワークやスキル、健康など様々な資産)を今自分がどれくらい持っていて、何が足りないのか、どのタイミングで何を意識して増やしていったら良いのか、など多面的に考えるための良いツールでした。もしよろしければ、試してみてください。

授業全体を通して印象に残ったコンセプトや、グラットン教授やゲスト・スピーカーの力強いメッセージがたくさんあったのですが、あえて最も印象に残ったことを一つ上げると、、。

Nowhere to hide

上述したような大きな社会の流れは避けられないものであり、今まさに我々は変化の真っ只中を生きている。社会や組織がその変化に追いつくにはある程度時間が必要(Institutional lag)なので、その間をつなぐのは個々人であり、個人が勇気と覚悟(と必要なスキル)を持って変化の中を生きていかなくてはならない。どこにも隠れる場所はない、つまり声を上げ続けなさい、そうすれば、いづれ社会や組織があなたに追いつきますよ、ということ。

最後の授業で、グラットン教授から目を見て直接このように言われました。

「ここには、日本人の女性が2人いますね(同級生と私 – MBA2019では日本人女性は2人です)。日本はGender Equalityという観点では欧米の先進国と比較して非常に遅れています。あなたたちが生きている社会は女性にとって決して生きやすいものではなく、あなたたちが社会で受けている対応は不当なものです。でも、まずはあなたたちが声を上げ続けなさい。そうして社会は変化していくのよ。」

声を上げ続ける、って言っても個人にとっては大きな負担だし、なんで私が身を切ってそんなことしなくちゃいけないの?と思う場面も多々あります。でも、結局自分がそうやって生きていきたいなら、やるしかないんだな、と改めて感じました。

でもちょっと疲れちゃった時どう乗り越えるか?ポイントとして1つあげていたのは、同じ志を持った人たちとのネットワークを広げること。人の思考やポシティブさ、習慣というのは、周りの人たちから無意識に影響を受けるので(こちらの記事ご参照)自ら「こうなりたいな」と思う人たちとの付き合いを増やすことが助けになるとのことでした。

卒業を間近に控えた今のタイミングで、この授業を受けることができてとても良かったです。多分、卒業して働き出すと日々忙しくてこうしたマインドセットは簡単に失ってしまうと思うので、たまに同級生と話したり、自分のネットワークを広げたり、自分が今持っているアセットを意識してアップデートしていきたいと思います。

Leading teams and organisations

選択科目の中でも、楽しみにしていたOB系の授業「Leading Teams and Organisations」が始まりました。教授は若く情熱的で、とてもエネルギー高く授業があっという間に終わりました。印象的だったことは、まず教室に入ったら教授が自ら自己紹介をしつつ握手を求めてきたことです。そして、授業が始まると、通常の授業ではだいたい「はい、みなさんネームタグを見えるようにおいて下さいねー」というところから始まるのですが、今回は「はい、みなさん、ネームタグを見えないように隠して下さい。僕はみなさんの名前を覚えてきてるのでこれからテストします。」といって、本当にほぼ全員(正確にいうと授業が始まる前に教授と直接自己紹介をした生徒全員=ほぼ全員)の名前を言い当てたのでした。

続きを読む

MBAで必要な英語力

こちらで紹介した通り、数年の準備期間を経てなんとか希望の学校に入ったわけですが、入学することがゴールではない、むしろスタート地点です。たくさん勉強したのはもうわかったよ、で、実際どれくらい英語力が必要なのよ?それでやっていけるわけ?というのが、今後留学を志している方には気になる点だと思います。

続きを読む

MBA受験準備 – 英語編

いまだに英語に日々苦労している私が書くのもな〜、とずっと躊躇していたのですが、周りの人から「受験の準備でどういう勉強してたの?」「英語ってどうやって勉強したの?」と聞かれることが増えてきたので、振り返りも兼ねてあらためて一度整理しておきたいと思います。

1.MBAを志す前の英語力(2012年頃まで)

MBA受験する・しないに関係なく、社会人3年目くらいでどの程度の英語力があったのか。もう記憶がうすれつつありますが、TOEIC 900点程度、スピーキング試験のバンドB2(会社で受けさせられた)、日々の業務でいうと、メールのやり取り(辞書を引きつつ、、)、契約書作成など。業務でもプライベートでも英語で会話をする機会は少なかったです。

続きを読む

Achieving Strategic Agility

先週は、Strategyの選択授業の1つ、Achieving Strategic Agilityの集中講義でした。

LBSでは「Block Week」という授業形態があり、通常10週間/週に1コマで行う授業を、1日2コマ、月曜日から金曜日の5日間集中して受けることで、同じ単位を取ることができます。その1週間はたくさんの課題やリーディングがあり大変ですが、効率的に単位が取れるので通常授業とBlock Weekを組み合わせてカリキュラムを組むことが多いです。

本授業は、主に大規模・中規模な企業が変化に対して柔軟に、かつスピーディに対応するにはどうしたら良いか?というのがテーマでした。日本の大企業に勤務している私としては、とても興味深いテーマです。授業では、Agilityとは何か?そもそも、Agilityがなぜ企業にとってそれほど重要なのか?について議論し理解した上で、成功事例・失敗事例をケースで取り上げて、各社がどのようにAgilityを維持しているのか、もしくはしようとしているのかについてディスカッションをしました。

続きを読む